特定非営利活動法人 日本免疫学会

ENGLISH

HOME お問い合わせ サイトマップ

会員及び研究者向け
日本免疫学会賞等

日本免疫学会研究奨励賞 歴代受賞者

第2回(平成19年)

岡崎 拓
(京都大学大学院医学研究科)
 「免疫抑制受容体 PD-1 による自己免疫疾患発症制御機構の解析」
<内容と受賞理由>
岡崎 拓氏の主要業績は、PD−1欠損マウスに自然発症する拡張型心筋症の原因となる自己抗体を解析し、その標的抗原トロポニンIを同定したことである。さらに、PD−1欠損マウスの遺伝的背景を変えることによって、I型糖尿病など別の自己免疫病を惹起できることを示した。これらの業績は、免疫応答の分子機構のみならず、免疫病の理解とその治療に貢献するものであり、今後の発展がおおいに期待できる。
河合 太郎
(大阪大学微生物病研究所)
 「自然免疫によるウイルス認識と活性化機構の解析」
<内容と受賞理由>
河合太郎氏は自然免疫におけるTLR7/9やRIG-I/Mda5を介したウイルス検知機構の研究に従事してきた。これまでに、pDCにおいてはMyD88とIRF7が会合し,TLR7/9を介した刺激依存的なIRF7のリン酸化がI型インターフェロン発現に重要であることを明らかにした。また、細胞内ウイルス認識受容体であるRIG-IやMda5の下流で機能する新規アダプターIPS-1を同定し,そのノックアウトマウスの解析を通じてその機能を明らかにした。河合氏の業績は自然免疫におけるウイルス認識機構の理解に重要な貢献であり、今後の発展がおおいに期待できる。
堀 昌平
(理化学研究所・RCAI)
「制御性T細胞による優性免疫寛容機構の研究」
<内容と受賞理由>
堀昌平氏はポルトガルに留学以来、制御性T細胞の研究に取り組み、帰国後京都大学および理化学研究所において、Foxp3が制御性T細胞のマスター遺伝子であることを明らかにした。これは制御性T細胞の分子基盤を明らかにし、他のT細胞と異なったものであることを示したのみならず、今日の制御性T細胞研究を飛躍的に発展させ、さらに将来的な制御性T細胞の治療応用の可能性を示したなど、多くの点で非常に重要な業績といえる。さらに掘氏はFoxp3変異マウスによる自己免疫疾患の研究を進め、その過程で、制御性T細胞の数は、末梢におけるhomeostatic proliferationによりその恒常性が維持されていることを明らかにしており、今後の発展が大いに期待できる。
山崎 晶
(理化学研究所・RCAI)
「T細胞抗原受容体を介する分化・活性化の制御機構」
<内容と受賞理由>
山崎晶氏はTCRをはじめとするITAM受容体を介する多様な細胞応答の分子機序に関する研究を一貫して進めてきた。TCRがリガンド(抗原)の質に応じてITAM受容体直下のシグナル分子を使い分けていることを明らかにした。更に、緻密な実験結果を基に、pre-TCRが何故リガンドを要求しなくともシグナルを伝達でき、TCRに置き換わることによりリガンド要求性が出現するかに関して、新規メカニズムの提唱にまで至っており、今後の発展がおおいに期待できる。
山本 雅裕
(大阪大学大学院医学系研究科)
「生体レベルにおけるTLRシグナル伝達機構の解明」
<内容と受賞理由>
山本雅裕氏は、病原体認識に重要な働きをしているToll様受容体(TLR)のシグナル伝達機構に関する研究で、次々と画期的な研究成果をあげてきた。TLRシグナル伝達に関わる2つの新規アダプター分子(TRIPとTRAM)を同定し、さらに一連のノックアウトマウスを樹立、解析することにより、アダプター分子の使い分けによってTLRシグナルの特異性が決定されていることを見事に証明した。これら一連の研究は、国際評価も極めて高く、今後の発展が大いに期待できる。



(五十音順)