特定非営利活動法人 日本免疫学会

ENGLISH

HOME お問い合わせ サイトマップ

日本免疫学会概要
会務報告

2007年9月18日(火)

1.理事会だより
平成19年度第3回理事会が平成19年9月7日に大阪・千里クラブにて開催され、以下の通り承認されました。

議案として
  1. 人事について
    去る9月7日に開催された理事会で日本免疫学会の役員の候補がノミネートされました。次期会長候補者は稲葉カヨ氏、斉藤隆氏、菅村和夫氏(五十音順)の3名が推薦されました。会長は会員の皆様の直接投票によって決定されます。他、理事候補者14名、監事候補者4名、評議員候補者111名もノミネートされました。
    また、総務委員会、財務委員会、国際交流委員会の委員長が承認され、委員会が発足します。さらに、2007年10月から任期の始まる各種委員会(賞等選考委員会、教育推進委員会、選挙管理委員会)の委員交代が承認されました。
  2. 日本免疫学会理事の定年制導入について
    理事の定年制については、「任期の始まる年の10月1日現在で65歳を超えないものとする。」ことが承認されました。その結果、役員等選考規程第2条が以下のとおり修正されることになります。
    「理事および監事は、評議員の中から選出し、それぞれ総会の承認を受ける。理事については、任期の始まる年の10月1日現在で65歳を超えないものとする。(追加)」
  3. 日本免疫学会賞・研究奨励賞について
    第10回日本免疫学会賞は、樗木俊聡氏「樹状細胞による免疫調節ダイナミズム研究」に決定しました。

    また、第2回日本免疫学会研究奨励賞には、以下の5氏が決定しました。(五十音順)
    1. 岡崎 拓氏「免疫抑制受容体 PD-1 による自己免疫疾患発症制御機構の解析」
    2. 河合太郎氏「自然免疫によるウイルス認識と活性化機構の解析」
    3. 堀 昌平氏「制御性T細胞による優性免疫寛容機構の研究」
    4. 山崎 晶氏「T細胞抗原受容体を介する分化・活性化の制御機構」
    5. 山本雅裕氏「生体レベルにおけるTLRシグナル伝達機構の解明」
  4. 40回(2011年度:平成23年度)学術集会について
    2010年8月に神戸で第14回国際免疫学会議が開催される事に伴い、その年の11月〜12月には、第40回(2011年度:平成23年度)の学術集会を開催しないことが承認されました。それに伴い、毎年行われていた2年後の学術集会会長選挙を本年(2007年)は行わないことを確認しました。
  5. アウトリーチ活動の今後について
    来年度も本年度(「免疫ふしぎ未来」)同様にアウトリーチ活動を行う事が承認されました。
  6. 平成19年度予算案について
    未だ平成19年度の決算が終了していないので、現時点での予算案の仮承認がされました。最終的には、次回理事会で承認される予定です。
  7. その他
    1. 学会Website利用規約の掲載、学術集会のアブストラクトへリンクについて承認されました。
    2. 「免疫ふしぎ未来」テキスト販売の準備状況の説明がありました。
    3. AAIから、AAI Annual Meeting にGuest Society としてのシンポジウム企画の依頼がありましたが、今年の参加は見送りました。
    4. 高校生物の教科書での免疫に関する記載について議論しました。
    5. 免疫関連研究費獲得について議論しました。

また、報告として
  1. 前回議事録の承認が報告されました。
  2. 斉藤隆第37回総会・学術集会会長より進捗状況の報告がされました。
  3. 稲葉カヨ第38回総会・学術集会会長より進捗状況の報告がなされた。
  4. 2010年国際免疫学会議(14th ICI)について2007 13th ICI (リオ)での広報活動報告が紹介されました。
  5. IUIS、FIMSAの現状について報告がされました。
  6. Int. Immunol. 誌編集の現状について報告がされました。
  7. 各種委員会報告
    1. 学術委員会より「JSI-RCAI免疫ワークショップオーガナイザーの再公募」のが報告がされました。
    2. 教育推進委員会より8月に開催されたサマースクールを中心に活動報告がされました。
    3. 広報委員会よりニュースレターは来年度より4月と10月の発行に変更する事が報告されました。
    4. 学会のあり方検討委員会より持ち廻り委員会の報告がされました。
2.総会・学術集会について
第37回日本免疫学会総会・学術集会は平成19年11月20日(火)から22日(木)まで、斉藤隆会長のもと東京(グランドプリンスホテル新高輪)で開催されます。<事前登録を原則としていますので、10月15日までにオンラインで事前登録のほどお願いいたします>。また、第38回日本免疫学会総会・学術集会は平成20年12月1日(月)から3日(水)まで、稲葉カヨ会長のもと国立京都国際会館で開催される予定です。
3.会員の叙勲、受賞のお知らせ
  1. 審良 静男氏 恩賜賞・日本学士院賞、上原賞
  2. 奥村 康氏 日本医師会医学賞
  3. 高津 聖志氏 ポールエールリッヒ賞
(50音順)(叙勲、受賞された方は事務局men-eki@s3.dion.ne.jpへご一報下さい。)
4.ホームページ活用のお願い
日本免疫学会では、ホームページに有用な情報をより迅速に掲載し、会員のためのサービスの向上、会員相互の交流(人材募集の掲載)、研究推進などのツールとして活用して頂くことを願っております。会員みなさまのより積極的な利用をお願い致します。

(事務局men-eki@s3.dion.ne.jpへご連絡下さい。)
文責:常任幹事(庶務担当)中山俊憲、常任幹事(副庶務担当)三宅健介