特定非営利活動法人 日本免疫学会

ENGLISH

HOME お問い合わせ サイトマップ

日本免疫学会概要
会務報告

2010年9月17日(金)

1.理事会だより
平成22年度第3回理事会が平成22年8月23日に神戸ポートピアホテルにて開催され、平成22年9月3日のメールによる持回り理事会にて、以下の通り9月10日に承認されました。

議案として
  • 人事について
    日本免疫学会の第42回(2013年)学術集会会長候補者に清野宏氏、湊長博氏、山本一彦氏(五十音順)が推薦されました。(12月に開催される評議員会での選挙と総会での承認を経て、最終決定の予定です。)また、理事長推薦理事として、三宅健介氏(総務委員長)、瀧伸介氏(財務委員長)、黒崎知博氏(学術委員長)が承認されました。(総会での承認を経て、最終決定の予定です。)学会のあり方検討委員会の委員長には、理事長推薦により中山俊憲氏が承認されました。
    さらに、2010年10月から任期の始まる各種委員会(賞等選考委員会、学術委員会、国際交流委員会、出版委員会、教育推進委員会、広報委員会、科学コミュニケーション委員会、研究構想推進委員会)の委員交代が承認されました。
  • 名誉会員について
    以下の3名の先生方が名誉会員として推戴され、承認されました。
    • 岸本忠三氏、笹月健彦氏、本庶佑氏 (五十音順)
  • 日本免疫学会賞・研究奨励賞について
    第13回日本免疫学会賞は河本宏氏「造血幹細胞からT前駆細胞にいたる系列決定過程に関する研究」に決定しま した。
    また、第5回日本免疫学会研究奨励賞には、以下の5氏が決定しました。(五十音順)
    • 大洞将嗣氏「抗原受容体刺激によるPLC-γ下流シグナルの活性化機構:Ras-MAPKとストア作動性カルシウム流入」
    • 常世田好司氏「生体内における免疫記憶の維持メカニズムの解明」
    • 新田剛氏「胸腺微小環境におけるT細胞レパトア形成のメカニズム」
    • 野地智法氏「粘膜免疫学を基盤とした、次世代粘膜ワクチン開発」
    • 長谷耕二氏 「粘膜表面の免疫監視に果たすM細胞の役割の解明」
  • その他
    • Tadamitsu Kishimoto International Travel Awardの運用案が承認されました。
    • 平成23年度功労会員候補者について、功労会員有資格者(5名)に理事長から連絡し、本人の功労会員になる意思を確認することを承認しました。但し、正会員から功労会員へ種別変更する場合、現評議員の場合は評議員を辞退して頂くことを確認しました。
    • 2010年12月3日開催予定の日本免疫学会シンポジウムの演者とシンポジウムの名称を「免疫学の最先端より:自然免疫と免疫制御」に変更することが承認されました。
    • 平成23年度予算について、未だ平成22年度の決算が終了していないので、現時点での予算案の仮承認がされました。最終的には、次回理事会で承認され、総会に諮られる予定です。
    • JST予稿集全文データ利用許諾依頼について許諾することが承認されました。
    • 生物科学学会連合次期代表候補者の推薦を日本免疫学会からはしないこととしました。
    • Guest Society Symposium at IMMUNOLOGY 2011(AAI) について、今回は日本免疫学会からは参加しないこととしました。
    また、以下の報告がされました。
    1. 宮坂昌之第14回国際免疫学会議事務局長より参加登録者約6,000名を集め、昨日開会式が行われ、順調に進行している旨の報告がなされました。
    2. 既に持ち回り理事会にて承認されている前回理事会議事録等の審議結果の確認をしました。
    3. 徳久剛史第40回(2011年)学術集会会長より進捗状況の報告がされました。
    4. IUIS、FIMSAの現状について報告がされました。
    5. Int. Immunol. 誌編集の現状について報告がされました。
    6. 各種委員会報告
      • 教育推進委員会より来年開催されるサマースクール及びサマーインターンシップの準備等の報告がされました。
      • 広報委員会よりニュースレターとホームページ等の活動報告がされました。
      • 科学コミュニケーション委員会より広島でのアウトリーチ活動を中心に活動報告がされました。
2.総会・学術集会について
 2010年は8月22日〜27日に神戸にて第14回国際免疫学会議が開催されたため、例年の形態での学術集会は開催されません。平成23年度日本免疫学会通常総会/2010年日本免疫学会シンポジウム「免疫学の最先端より:自然免疫と免疫制御」を2010年12月3日(金)に一橋記念講堂で開催する予定です。また、第40回日本免疫学会学術集会は平成23年11月27日(日)から29日(火)まで、徳久剛史会長のもと幕張メッセで開催される予定です。
3.会員の叙勲、受賞のお知らせ
  1. 審良静男氏、第15回慶應医学賞
  2. (叙勲、受賞された方は事務局men-eki@s3.dion.ne.jpへご一報下さい。)
4.ホームページ活用のお願い
日本免疫学会では、ホームページに有用な情報をより迅速に掲載し、会員のためのサービスの向上、会員相互の交流(人材募集の掲載)、研究推進などのツールとして活用して頂くことを願っております。
会員の皆様のより積極的な利用をお願い致します。

(事務局men-eki@s3.dion.ne.jpへご連絡下さい。)
文責:総務委員会委員長 中山俊憲、総務委員会副委員長 三宅健介