日本免疫学会会報The Japanese Society of Immunology Newsletter


VOL.7, No.2(通巻13号)

JSI Newsletter


発行:日本免疫学会(事務局 〒113-8622 東京都文京区本駒込5-16-9 財団法人 日本学会事務センター内 )


編集:烏山 一(東京都臨床医学総合研究所)/小安重夫(慶應義塾大学医学部)/斉藤 隆(千葉大学医学部)/ 阪口薫雄(熊本大学医学部)/


徳久剛史(千葉大学医学部)/平野俊夫(委員長・大阪大学医学部)/ 湊 長博(京都大学医学部)


1999年10月1日 Printed in Japan


特集免疫学−感染症,移植医療の立場から観る

  C O N T E N T S


19世紀の免疫学と21世紀の免疫学 ─感染症制圧に向けて免疫学者に期待する─◆竹田 美文  2

感染症から免疫学を観る◆西岡久寿彌 3

寄生虫感染に免疫学はどう対応できるか◆小島 莊明  4-5

AIDS と「得体の知れない」臨床免疫学◆満屋 裕明 6

移植免疫;アロ認識の謎◆笹月 健彦 7

造血幹細胞移植研究推進への期待◆浅野 茂隆  8

脳死・臓器移植―学主導型の試み◆野本亀久雄  9

肝臓移植と感染制御◆田中 紘一 10

日米での肝臓移植を通して見た免疫学◆籐堂 省  11

心臓移植における免疫抑制療法とCMV感染症◆福嶌 教偉・松田 暉  12

第29回日本免疫学会学術集会のご案内◆本庶 佑・湊 長博  13

IUIS Presidentを終えるに当って◆多田 富雄 14-15

●サマースクールに参加して●

免疫学サマースクールに参加して◆佐々木義輝 16

「ようこそ免疫学の国へ?」◆深尾 太郎 17

●国際学会に参加して●

Keystone Symposium 「B Lymphocyte Biology and Disease」に参加して◆烏山 一 18

Cold Spring Harbor Symposiumに参加して◆竹田 潔 19

●研究会紹介●

KTCCの歩みと今後◆桂 義元  20

●シリーズ;日本からの発信●

サイエンティストは楽しい.どうしたらなれるか◆木下タロウ 21

科学のそして日本の新しい時代を迎えて◆谷口 維紹  22

●シリーズ;新たな研究室を開くにあたり●

日本でのヒト免疫学研究の難しさ◆河上 裕  24

●シリーズ;HOPE登場●

未踏の雪原「ユビキチンワールド」◆中山 敬一  25

●海外だより◆金川 修身 26

●理事会だより・お知らせ●  27-28

ホームページ一覧 23

 

      WB00677_.gif (630 バイト)
次へ 』

推奨ブラウザ:Netscape Navigator(Comminicator)4.x以降、Microsoft Internet Explorer3.02以降の各日本語版。
本学会ホームページの内容についてのお問い合わせは、Web Administratorまでお願いします。

Copyright (C) 1996-2000 Japanese Society for Immunology. All rights reserved.
最終更新日: 00/03/04 JST