日本免疫学会会報The Japanese Society of Immunology Newsletter


VOL.9, No.2(通巻17号)

JSI Newsletter


発行:日本免疫学会(事務局 〒113-8622 東京都文京区本駒込5-16-9 財団法人 日本学会事務センター内 )


編集: 北村大介(東京理科大学生命科学研究所)/小安重夫(委員長・慶應義塾大学医学部)/高浜洋介(徳島大学ゲノム機能研究センター)/


徳久剛史(千葉大学大学院医学研究科)/西村孝司(北海道大学遺伝子病制御研究所)/山元 弘(大阪大学大学院薬学研究科)


2001年10月1日 Printed in Japan


特集

免疫学に期待すること

−免疫学は何を実現できるか−

  C O N T E N T S


温故知新 ◆ 豊島久真男 2

自然選択というスーパー理論を具現した免疫学 ◆ 矢原一郎 3

Socially robust knowledge ◆ 西川伸一 4

フレンド白血病発症に絡む免疫系;趣味的研究こそ,科学のエクセレンスを支え,生物学を育てる ◆ 井川洋二 6

理想の新薬の開発は可能か ◆ 宇井理生 8

学を突き抜けた新しい知に期待する ◆ 中村桂子 9

かけがえのない個 ◆ 村上陽一郎 10

●免疫サマースクール2001●

「夢舞台で語ろう免疫学の魅力と夢」を開催して ◆ 清野 宏 11

免疫サマースクール2001に参加して ◆ 渡辺智恵 12

免疫サマースクールから持ち帰ったもの ◆ 高橋美知子 13

●日本からの発信●

私とToll-like receptor の出会い ◆ 審良静男 14

インターロイキン-8の発見がもたらした免疫学へのインパクト ◆ 松島綱治 15

●HOPE登場●

素人でありつづけたい免疫学 ◆ 丸山光生 16

「時代錯誤」の彼方に ◆ 後飯塚 僚 17

●シリーズ;海外便り●

Murine Plasmacytoid Dendritic Cells ◆ 中野英樹 18

アメリカ研究27年,NIHからの初便り ◆ 尾里啓子 19

●新たな教室を開くにあたり●

自然免疫病原体認識識別機構の解明をめざして ◆ 三宅健介 20

接 点 ◆ 田中良哉 21

第11回国際免疫学会参加報告 ◆ 真木一茂 22

理事会便り・お知らせ 23


     
次へ

推奨ブラウザ:Netscape Navigator(Comminicator)4.x以降、Microsoft Internet Explorer3.02以降の各日本語版。
本学会ホームページの内容についてのお問い合わせは、Web Administratorまでお願いします。

Copyright (C) 1996-2001 Japanese Society for Immunology. All rights reserved.
最終更新日: 2003/01/10 JST