VOL.11 No.2 通巻21号2003年10月1日発行



発行日本免疫学会(事務局 〒113-8622 東京都文京区本駒込5-16-9 財団法人 日本学会事務センター内 )


編集 烏山 一(東京医科歯科大学大学院医歯学総合研究科)/北村大介(東京理科大学生命科学研究所)/小安重夫(委員長・慶應義塾大学医学部)/


高浜洋介(徳島大学ゲノム機能研究センター)/西村孝司(北海道大学遺伝子病制御研究所)/山元 弘(大阪大学大学院薬学研究科)


2003年10月1日 Printed in Japan


JSI Newsletter


日本免疫学会会報The Japanese Society of Immunology Newsletter

C O N T E N T S


●特 集●
免疫学研究;最近のトピックス

B細胞記憶の形成と維持竹森利忠 2

ケモカインとリンパ球動態;B1細胞遊走異常と全身性自己免疫石川 昌 3

骨髄幹細胞の多様性と可塑性をめぐる謎中内啓光 4

NotchシグナルとT細胞分化穂積勝人 5

インターフェロンとp53;免疫系と発がん制御の新しい繋がり谷口維紹 6

クラススイッチのマスター遺伝子;AID研究の流れ村松正道,本庶 佑 7

Fc受容体研究の動向;負の制御のゆくえ高井俊行 8

免疫系のエピゲネティクス宮武昌一郎 9

SOCS1と免疫制御吉村昭彦 10

新規特定領域研究「免疫監視の基盤とその維持・制御」の発足にあたって渡邊 武 12

免疫サマースクール2003「免疫学の夢と不思議」を開催して生田宏一 13

免疫サマースクール2003に参加して「大収穫でした!」川上登美子 14

免疫サマースクール2003に参加して「夢舞台で見た夢」森下英晃 15

新シリーズ;各種委員会活動

日本免疫学会・学会あり方検討委員会について斉藤 隆 16

シリーズ;Hope登場

B細胞の記憶と私の分化成熟段階高木 智 17

ピペット片手に思うこと熊ノ郷 淳 18

シリーズ;海外便り

ニューヨーク16年の走馬灯辻 守哉 19

アウトサイダー的独白多賀谷 温  20

シリーズ;新たな研究室を開くにあたり

FAQ瀧 伸介 21

変幻自在なシャペロンに魅せられて鵜殿平一郎 22

足もとの花にも目を向けて浅尾裕信 23

理事会だよりとお知らせ,編集後記 24

 


PDFファイル版  
次へ

推奨ブラウザ:
Netscape Navigator(Comminicator)4.x以降、Microsoft Internet Explorer3.02以降の各日本語版。
Page Copyright (C) 1996-2004 Japanese Society for Immunology. All Rights Reserved.
最終更新日: 2003/10/02 JST