本庶佑・京都大学特別教授 ノーベル生理学・医学賞受賞

 

本庶佑・京都大学特別教授 ノーベル生理学・医学賞受賞のお知らせ

 

 

日本免疫学会会員各位

 

 本学会名誉会員の本庶佑・京都大学特別教授が、2018年のノーベル生理学・医学賞を米テキサス大学のジェームス・アリソン教授と共同受賞されました。

 本庶先生は、免疫を抑制する働きを持つ分子「PD-1」を発見されており、授賞理由は「免疫抑制の阻害によるがん療法の発見」でした。

 日本人のノーベル賞受賞は2016年の生理学・医学賞の大隅良典・東京工業大学栄誉教授に次いで2年ぶりの26人目で、同賞としては5人目の受賞者となります。

 

以下のInternational Immunology のホームページに、本庶先生の掲載論文や関連するテーマの論文コレクション等を掲載しています。

https://academic.oup.com/intimm/pages/immune_checkpoints

 

  

特定非営利活動法人 日本免疫学会 広報委員会

委員長 植松 智

 

 

連絡先: 特定非営利活動法人 日本免疫学会 事務局

〒101-0024 東京都千代田区神田和泉町 1-4-2

KUMAKIビル 2F

Tel: 03-5809-2019 Fax: 03-5809-2089

E-mail: info@meneki.or.jp