HOME>一般の方へ>免疫サマースクール

一般の方へ

免疫サマースクール

第21回 免疫サマースクール2019 in 愛媛

概要

 毎年夏に、日本免疫学会の活動として、学会内の教育推進委員会が担当して『免疫サマースクール』を開催しており、今年で21回目を迎えます。今回も日本の免疫学研究を先導してこられた著名な免疫学者をはじめ、新進気鋭の若手研究者に至る幅広い講師陣によるトークを予定しており、免疫学研究の歴史から最先端のトピックスまで学ぶことができる貴重な機会です。また、本スクールは泊まり込みスタイルで、参加者同士の交流はもとより、講師の先生方とも免疫学や研究について自由に懇談できる時間も設けているところが特徴です。対象は、学部学生をはじめ、大学院生、若手研究者、臨床医などとしており、本スクールが日本の免疫学研究の次世代を担う若手の育成につながるプログラムの1つになれば幸いです。初めて免疫学を学ぶ方でも構いません。免疫学に興味がある方は是非、この免疫サマースクールにご参加下さい!
 今年の免疫サマースクールは、愛媛県今治市にある「今治国際ホテル」にて開催されます。今治は豊かな自然に囲まれており、なかでも瀬戸内しまなみ海道が結ぶ島々の風景と日本三大急潮に数えられる来島海峡、そして来島海峡大橋が織りなす絶景は見物です。今治国際ホテルは、温泉露天風呂や大浴場、プールを備えたシティホテルで、今治市中心部に位置します。ホテルからは、瀬戸内の島々に架かる「瀬戸内しまなみ海道」や日本三大水城に数えられる今治城が展望できます。また、瀬戸内海の潮流にもまれ育った魚の身は引き締まり、獲れたての魚の味は格別です。
 今年の夏は、瀬戸内海に飛び石のように浮かぶ島々が織りなす多島美を堪能しつつ、免疫学やサイエンスの未来について熱く語り合いませんか?

 

[初めて参加する方へ-----免疫サマースクールの他に、免疫サマーインターンシップの募集も行っています]
日本免疫学会では、毎年、免疫サマーインターンシップというプログラムを主催しており、免疫サマースクール参加者が、国内外の多数の研究室の中から希望する研究室を選択し、短期滞在して免疫学研究を実体験することができます。詳細はこちらをご覧ください。興味のある方は是非免疫サマーインターンシップも併せてご応募ください。
 
[2回目参加の方へ-----スクールアシスタント(SA)の募集を行っています]
通常、免疫サマースクールの参加は一度のみと制限されていますが、2 回目の参加を希望される方は、SAという形で申し込みしていただくことで、参加可能となります。SAの方は、本スクールの運営当日の一部をお手伝いしていただくことになります。

 

会期 2019年7月29日(月)~8月1日(木)
会場

今治国際ホテル

〒794-8522 愛媛県今治市旭町2丁目3-4

https://www.imabari-kokusai-hotel.co.jp

参加費
(宿泊費及び食費込)

学生・院生 32,000 円(スクールアシスタント 30,000円)

一般(学生・院生以外) 42,000 円

専用ホームページ

免疫サマースクール2019に関する最新情報は、専用ホームページ(下記URL)にて順次お知らせします。

専用ホームページからは、過去の免疫サマースクールの様子や参加者の声なども参照できますので、是非ご覧下さい。

https://ss2019.jp

参加申し込み 参加申し込みは専用ホームページ(上記)にて、2019年4月1日~5月末を予定しています。

オーガナイザー

日本免疫学会教育推進委員会メンバー:

河合 太郎(奈良先端科学技術大学院大学)

高岡 晃教(北海道大学)

馬場 義裕(九州大学)

原  博満(鹿児島大学)

茂呂 和世(理研IMS)

山下 政克(愛媛大学、2019年オーガナイザー代表)

お問い合わせ

免疫サマースクール2019事務局

オーガナイザー代表 山下 政克

〒791-0295 愛媛県東温市志津川

愛媛大学大学院医学系研究科

免疫学・感染防御学講座

Email:ss2019@m.ehime-u.ac.jp TEL:089-960-5274